最低限の収入でも、いかに生活を維持するのか。

 日本生の活保障は、先進国中で最低であり、今後伸びる可能性はほとんどない。戦後一回だけ「朝日訴訟」と言う憲法判断で、生活ほしよぅひが改善されたことが一回だけあったが、それ以来一度もないワーキングプアが、生活保障並みに落ち込んではまずいという、保証を上げることなくて、何とかするだけの政府の議論だけである。  したがって僕らができることは…
コメント:0

続きを読むread more

やっと元気になれて考えたこと。

 前回のドタバタで、かなり重い気管支炎だったが、別の薬での副作用もあったのも判明した。「大した薬ではない」と思っていたのだが、必ずしも副作用は「大したこと」もあったのだ。と言うのは薬品名はここでは書かないが、血圧を下げる薬の漢方系のものだ。以前病院でいつもの血圧降下剤をもらう余裕がなくて、市販の薬で血圧を告げる効果があるのを探していて、…
コメント:0

続きを読むread more

厚労省や何かが、大騒ぎするので年金が混乱しているのだ。

 物価スライドとか何かで、年金システムを不要に動かしていることで、年金のシステム自体も、国民の意識も,めちゃめちゃ動揺して、システム自体の危機を招きかねないというのがなぜ分からないのだろうか。  の官僚システムは完全に崩壊してるのか馬鹿にのか。そもそも物価にスライドする、マクロ経済システムの年金支給と言うのは、ドイツで考えられたことだ…
コメント:0

続きを読むread more

もはや日本は立ちいかなくなっている。移民国家になるべきであろう。 もはや日本人だけでは、日本は存在不可能である。…

 今の国会では、絶対に与党も野党も言わないだろう。だから私が言う。  現在の少子高齢化の日本民族だけで、日本を未来につ泣く子度などすでに不可能なのだ。なのに外国人が働きやすい制度とか、無完全なごまかし以外の何物ではない。もはや、日本では大和民族、アイヌ民族。琉球民族、一部の中国・朝鮮人だけでは立ちいかなくなっていて、海外から移民を求め…
コメント:0

続きを読むread more

国や警察のやることが、信頼できるはずがない。

 最近のCMで、国とか警察が推進していることですから大丈夫、みたいなコメントに唖然としている。僕らが若いころには、「国」とか、「警察」とか、「国家権力」のすべては、安心的できなくて何をやるのかわからない。常に、ささやかでも抵抗すべきものであったからだ。  と言う私自身は、大変用戦争までさかのぼって言うわけではない。「国家総動員法」や、…
コメント:0

続きを読むread more

「カニ族」について、きちんと理解されいないな。

 そもそも、カニ族は70年代ころ、リュックを背負って全国を回っていた、若者たちの一部である。子で、まず明記しておかなければならないのは、当時のリュックサックと呼ばれるものは、結構進化していたのである。登山であれ、ワンダーフォーゲルであれ、ただ単に荷物を持って移動するのであれ、背中に荷物をたくさん背負って歩くのは、体力を消費する。と言うこ…
コメント:0

続きを読むread more

「前向き」に生きるためには、・・・。

本当に私のブログは適当だな。前回は若者の右傾化に、マジで心配していたのに、今度はこれだから。まあ読む人がいなくなっても良い。このブログは私にとって、自らを見つめ直すための文書を作るためにあるのだと思ったから。見たがる人がいたら見ても良いし、見なくてもむろんかまわない。  ともかく心配性で、不安に駆られる人の中には、0,100症候群みた…
コメント:0

続きを読むread more

「うP主さん」たちよ。右でいても、きちんとした批判力は持ち続けてほしい。

 本当に、私63才の爺は、1995年からこっていたパソコン、ネットで、このところYouTubeの動画をとりつかれていたように見ていた。本当に面白かった。ことに日本史は守備範囲だったが、西洋派の知らないことはほとんどで、面白くて面白くて。うーん、感心していた。そのあげくに黒歴史とか、ホラーとか経済とかも面白く見てた。ところが「政治」にかん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒屋のご隠居も、若者の右傾化を感じてた。

 先日、セイコーマート○○てんにいくと、オーナーと言うか、ご隠居のおばあさんに出会った。○○はもともと地元の酒屋で○○酒店。いろんな経過から、我が家に配達はしてもらっていなかったが、亡くなった母と親しいご隠居で僕とも顔見知りであった。 「あーら、ひさしぶりね。」とおっしゃるので、僕はつい親しさから、「いいえ。見た目の通り、がたがたです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕たちの失敗」0

 これを書くに当たって、最も気になったのは最近のマスコミ報道だ。  たとえば、「本来収監して服役させるべき人が逃げてしまった。」と言う報道だ。本来そのままとらえて収監すべき個人を、たとえ刃物を取り出したとしても、簡単に逃がしてしまって良いのだろうか。本来なら、そのときの警察なのか、検察官なのか、よく分からないが、そのこと事態が重大な失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年、僕のブログは社会派にしようかと思う。

 1956年、昭和31年1月20日生まれの、現在63才。病気がちで、先行きも10年くらいかなと思ったら、今後このブログは社会に提言するものにしようかと思う。フェイスブックやツイッターでも提言して、人生の終わりに少しでも、何か社会のための提言になれるようなものにしようかと思う。  むろん気まぐれ以前に忙しすぎて、自らのブログを見ることさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の高齢者は免許返納に反論!!!

 高齢になったら、運転能力は劣っていく。それは当然だし、私自身自覚していることだ。しかしながら、たまたま、高齢者の事故が続いたことで、高齢者は運転免許を返納させろというのは、まるっきり間違いである。それを、誰も読まない、しょうもないブログだが、きちんと書いておくべきだと思う。  私は1956年生まれで、現在63歳だが、30歳の時の3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットメモ

 USBから、必要なデータを移しておくこと。 31年2月25日以降 ID,PASS nulnul01 支払フォーム最新 売り上げ管理メモ 百円ショップ一覧 1Lisaと芽衣 危なかったJUST ANSER とかの会員にされていた。契約解除できた。オーケー。 一応注意しておくこと「CBA SIMPLE STAR」とかのソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうせ誰も読まないブログなので、・・・。

 以前、ブログを始める前は、何でこんなくだらない日記みたいナノをと思っていたが、最近になって、それもいいなと。それで僕も、今後はさらにでたらめに、誰も読まないけど、ただはき出すだけのブログにする。後で自分を振り返るにはいい資料だし、どっちみち誰も読まないから、誰に迷惑をかけるわけではない。それによそに預けた、個人的日記は根に台持ってるパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンタクシーを批判する、タクシー乗務員の会。

 どうせでたらめななブログなので、こんなシリーズも始めようかと思う。  むろん私としても、車いすや身障者の方々、妊婦さんや病気の方などなど、社会の弱者を放っておいていいとは思わないし、個人的に援助すべきことはしている。しかし、オリンピック、何よりパラリンピックを控えて、政府や自動車メーカーの開発した車はあまりにもひどい。  そもそも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン・タクシー批判

 でたらめで、読む人もいないブログだが、今後は、実際に毎日乗務している、トヨタ・ジャパンタクシーがいかに不完全で、非実用的であるか、感想と批判をまじめに書くページにするつもりだ。全国のタクシー乗務員で、不本意ながら「ジャパン・タクシー」乗務している皆さん。皆さんに問いたい。どれだけ、「ジャパンタクシーに乗って苦労しているか」。是非教えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすきの市場ものがたり⑦

 さて勢い込んで、書き始めたシリーズだが、何時ものように竜頭蛇尾になりそうだな。  当時最新式の、2DK公団住宅も、すぐに古くなる。周りは都市化の波が押し寄せて、ましてや飲み屋街の薄野は、バブルまでは発展する一方で、すすきの市場はほとんど埋もれかねない建物なった。後に民営化かが進んだこともあり、さらにその計画が頓挫したりで曲がったりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ススキノ市場物語⑥

 1964年、実家は南8西5丁目の、現在のラブホテル街になる前の一戸建てであった。当時すでにススキノアパートに入居する許可があったようだが、と言うのも、いろいろ制限が多くて抽選である公団住宅だが、ススキノ市場の出店者という特別な枠があったらしい。しかし、それでもインストール胃がんで瀕死の状況に合った祖父の、安二郎を無視して入居するわけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ススキノ市場物語⑤

 その頃、昭和30年代の札幌市。  ススキノ市場が立った頃は、私はまだ入居していない.1957年に立った、ススキノ市場の上のススキノアパートに入居したのは、1964年。東京オリンピックの年である。母の実家も、南7条西5丁目、間近ではあるが、大きな総菜制作場を一階に持って商売していた。  その頃の札幌やススキノはどんな有様であったのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more